セノビックは成長応援飲料なので、子供の成長期に多くの親御さんが愛用されます。そんなセノビックの効果を知りたい方も多いと思います。

 

セノビックの効果を見るときに、考えないといけないのは「原材料に含まれてる栄養成分」です。もちろん、原材料の安全性についても調べてなくてはいけません。

 

1回しか飲まないのであればいいですが、子供が毎日飲むのが成長応援飲料です。しっかり安全性についても親なら事前に知っておくべきです。

 

  • セノビックに身長が伸びる栄養成分は入っているの?
  • 飲み続けても危険性はない?安全性は大丈夫なの?

 

成長期応援飲料ということで、子供の成長に必要な栄養が入っていないと意味がありません。今回は購入前に気になる「栄養成分」とその「安全性」について解説したいと思います。

セノビックの原材料を5種類の味別に調査!栄養成分は含まれているのか?

yasai-thumbnail2

 

ミルクココア味:グラニュー糖、ココアパウダー(ココアバター10~12%)、麦芽糖、乳糖、ミルクペプチド、卵黄ペプチド、植物油脂、卵殻カルシウム、香料、ビタミンC、ビタミンE、ピロリン酸鉄、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2

いちごミルク味:グラニュー糖、乳糖、脱脂粉乳、麦芽糖、いちご果汁粉末、植物油脂、卵黄ペプチド、練乳加工粉末、全粉乳、酸味料、卵殻カルシウム、香料、ベニコウジ色素、ビタミンC、甘味料(スクラロース)、ピロリン酸鉄、ナイアシン、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2

ヨーグルト味:グラニュー糖、ヨーグルト粉末、麦芽糖、果糖、乳糖、卵黄ペプチド、植物油脂、酸味料、卵殻カルシウム、香料、甘味料(スクラロース)、ピロリン酸鉄、ビタミンK2、クチナシ色素、ナイアシン、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2

バナナ味:グラニュー糖、乳清プロティン、乳糖、全粉乳、バナナパウダー、麦芽糖、植物油脂、卵黄ペプチド、酸味料、炭酸カルシウム、香料、卵殻カルシウム、甘味料(スクラロース)、ピロリン酸鉄、クチナシ色素、ナイアシン、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2

ポタージュ味:乳糖、コーンパウダー、グラニュー糖、乳清プロティン、食塩、脱脂粉乳、チキンブイヨン、オニオンパウダー、卵黄ペプチド、植物油脂、炭酸カルシウム、卵殻カルシウム、香料、調味料(アミノ酸等)、クチナシ色素、ピロリン酸鉄、ナイアシン、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2(原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む)

セノビックには5種類の味がありますが、それぞれ原材料は違います。その原材料は上記のようになっていました。お子さんに好き嫌いなく飲んでもらえるように、セノビックに使われている原材料は全体的に糖分が多いように感じました。

 

製薬会社で有名なロート製薬がこの商品を開発しているので、原材料の品質などの安全性は高い水準に保たれています。これだけを飲んでも大丈夫だと思いますが、普段のおやつの量も意識するべきかもしれません。

 

糖分の一日の摂取量は大体、大人ですと20gが上限で10g辺りが目安だと言われています。10歳未満の子どもですと大人の半分、学生は15g辺りが上限だと言われています。ちなみにシュガースティック1本で3gなのでシュガースティック3本分ぐらいが目安となります。

 

糖分を過剰摂取すると、イライラや記憶力の低下・虫歯・糖尿病・アトピー性皮膚炎などの病気になる可能性があります。なので、普段のおやつを食べる量を見て「もしかしたら糖分摂りすぎかな…」と思ったら調節が必要です。

01nayami

次にセノビックで使用されているので不安になったのが、「酸味料」・「香料」・「甘味料」の添加物です。全体的に添加物の使用量が多いのかなと思いました。

 

これは余談になりますが、酸味料と香料には使用されていると危険なものもあります。それらを紹介したいと思います。また甘味料でよく取り上げられる「スクラロース」も説明したいと思います。

安全な酸味料・危険な酸味料について

cyuui01

酸味料には疲労回復や血流の改善が期待できる「クエン酸」があります。このクエン酸はレモンやみかんに含まれています。クエン酸と似たような働きをしていて免疫力の強化が期待できる「酒石酸」もあります。

 

その一方で、甜菜などの野菜にも含まれ、食品以外には化粧品の原料にも使用され、溶けにくい性質を持っている「アジビン酸」。

 

さらに自然界ではワインや蜂蜜などに含まれている物ですが、添加物として使用される場合、化学的に合成されたもので、急性中毒を引き起こした前例がある「グルコン酸」などもあります。これらが添加物として使われていた場合は最悪です。

 

※ただ、まずもって危険性が高い添加物は使われていません。なぜなら添加物は厚生労働大臣が許可したものでないと配合できないからです。これは「厚生労働省の消費者向けの質問」にもきちんと明記されています。

安全な香料・危険な香料

Selective focus of creatine monohydrate powder in measure spoon

香料は「天然香料」と「合成香料」の2種類に分けられます。香料は基本的に過剰摂取さえしなければ、安全だと言われています。

 

なぜ香料が嫌われているのかというと、その使用量が多すぎたり、人によっては嗅覚差により、不快な臭いに変わることもあるからです。「過剰に入れて臭いがキツくなって食べられない…」では意味が無いので、使用料については注意しなくてはいけない添加物です。

甘味料の「スクラロース」とは?

01kiso02

人工甘味料として使用されている「スクラロース」というのは砂糖の600倍の甘さを持ち、砂糖のように炭水化物として、体内で吸収されないため、カロリーはほぼ0と言えます。

 

「スクラロース」は世界保健機構(WHO)国連食糧農業機関(FAO)でも安全性が確認され、使用が許可されています。

 

ただ、「スクラロース」と検索すると「危険や毒性」など、気になるような記事がたくさん出てきます。しかし「危険性や毒性」などを証明した証拠は一切見つかりません。信用性も少し欠けるので、あくまで噂として留めておくといいでしょう。

セノビックの原材料を調査してみた結果…


セノビックの原材料をまとめてみると、糖分が少し多すぎるように思えました。もちろん安全性が高いことは間違いないと思いますが、酸味料や香料に敏感な方は少し購入に躊躇してしまうかもしれませんね。

 

しかし、逆に言えば不安なところはそれだけで、他に使われている原材料の安全性は高いので、容量さえ間違えなければ特に問題はありません。つまり、飲みすぎはダメってことです。

 

次にセノビックの詳しい栄養成分を見てみたいと思います。

セノビックに栄養成分で子供の身長は伸びるのか?成長期に飲ますべきなのか答えます!

blogger-image-1897198542
セノビックは栄養機能食品として基本栄養素「カルシウム」「ビタミンD」「鉄」が補えるようになっており、更に「ボーンペップ」が追加されています。

 

また「ミルクココア味」にはオリゴミル(ミルクペプチド)、「バナナ味」・「ポタージュ味」には「乳清プロテイン」も含まれています。

 

セノビックで子供の成長期の基本栄養素はどこまで補える?

カルシウムとは骨や歯を形成するのに必要とされ、骨の成長には欠かせないサポートをしますので、成長期の子供に必要な栄養素の1つと言えます。

 

「カルシウム」は普段の食事では充分な量を摂ることが難しく、現代の日本人は大人・子ども不足しがちだと言われています。

 

そんな「カルシウム」ですが、セノビックを1日2杯飲むと、1日に必要なカルシウムの80%以上を補ってくれます。もちろん成長期の子供だけではなく、大人でもカルシウムを補うことができます。

 

さらに、カルシウムの吸収を補助してくれる効果がある「ビタミンD」は、1日に必要な量の70%以上を補ってくれます。これは骨や歯の形成に非常に期待出来ます。

 

「鉄分」は全身に酸素を運ぶ、赤血球の元となるものです。不足すると貧血や冷え症・むくみ・肌荒れなどを起こします。「鉄分」は特に女性に不足しがちで、妊婦さんはお腹の子に優先的に栄養が運ばれて行くので「鉄分」が不足しがちになります。

 

この鉄分に関しても、セノビックを飲むと1日に必要な「鉄分」の80%を補えるようになっています。

基本栄養素の3つに加えて追加されている「ボーンペップ」とは?

16c6a1b24aaa58f4f6b98e5360b390d5

「ボーンペップ」というのは卵黄から発見されたペプチドたんぱく質のことを言います。ボーンペップは、

 

  • 骨を伸ばす
  • 骨密度を高める
  • 骨の強度を高める

 

この3つの効果が期待できます。実際にボーンペップは研究結果から骨伸長素材として認められています。(参照:鶏卵の高度利用)

 

これら3つの効果はカルシウムと一緒に摂る事で効果が期待できるので、セノビックのカルシウムとかなり相性が良いと言えます。

ミルクココア味だけのオリゴミル(ミルクペプチド)とは?

2004050970141

オリゴミル(ミルクペプチド)というのは、たんぱく質とアミノ酸の中間の性質を持っています。

 

オリゴミル(ミルクペプチド)は「筋肉の修復・増強」・「免疫力の向上」・「アルツハイマー・老化の予防」の効果が期待できます。

 

なのでミルクココア味は「筋肉の修復・増強」という面では、運動をたくさんするお子さんか、「アルツハイマー・老化の予防」という面では年配の方にオススメです。

バナナ味・ポタージュ味の乳清プロテインとは?

003mv

乳清プロテインは乳清たんぱく質・ホエイプロテインとも呼ばれています。

 

乳清プロテインは「たんぱく質合成を促進させ、運動後の回復速度を上げる」や「筋肉などの体の組織になりやすい」という効果があると言われています。

 

ただ、プロテインということで、運動をあまりしない人が摂ると、肥満の原因にもなるので注意が必要です。ちなみにバナナ味のほうが、ポタージュ味に比べて多く乳清プロテインが含まれています。なので、痩せ気味の子や、毎日かなり運動をするという子には良いかもしれません。

【まとめ】セノビックの原材料と栄養成分からわかる子供の身長への効果は?アレルギーも。

Cv7pyPZVIAEc8xi
セノビックの原材料をまとめてみると、糖分の量と使用されている添加物に不安が少し残りますが、危険だと判断できる原材料はありませんでした。

 

ただ、「原材料がはっきりしないのが嫌!」「無添加がいい!」という方にはおすすめしません。また味によっては原材料に「乳」と「大豆」が使われているので、アレルギーを持っている場合は注意が必要です。

 

栄養成分では普段の食事では不足しがちな栄養素3つを補え、プラス身長を伸ばせる効果が期待できる「ボーンペップ」が使われていたので、ネスレのミロよりもはるかに子供の身長を伸ばす効果には期待できるでしょう。

 

また合成保存量や合成着色料、合成甘味料などを使用しない子供用サプリメントも販売されています。やっぱり子供には出来るだけ無添加に近いサプリで成長してほしいですよね。

 

⇒ 合成保存料・着色料・甘味料がない子供用サプリはこちら